MESSAGE

MESSAGE

“Sho” for which I aim is not what is known as traditional Japanese “sho”, but a modern “sho” that matches any scene in the world. Moreover, it is not avant-garde calligraphy, formative art with Indian ink, but it is more readable and comprehensible with containing the aforementioned elements.

Other calligraphers use the technique of writing after a model,rinsho,which they have learned and write so-called calligraphers’ characters. On the other hand, in my case, I try to once forget what I have learned so far and start with a clean slate to write characters like a child who writes characters innocently. Even so, the lines of characters should be such lines as only a proficient calligrapher can draw and the characters should be avant-garde but readable. This is the calligraphy I wish to achieve.

I write characters and each character has a meaning. I would like people to see my works with the meaning of each character in mind. I hope my works will make you feel relaxed, inspired, think of peace, or feel something.

和田浩志にとって「書」とは

私、和田浩志の目指す「書」は伝統的な日本の「書」として知られているものではなく、世界のいかなるシーンにも融合するモダンな「書」です。
さらに、それは前衛書(墨象)ではなく、その要素は含みつつも、文字として読めて意味が理解できるものです。

他の書家が、これまで各々が勉強してきた臨書を生かした、いわゆる書家の字であるのに対し、私は作品を作るとき、これまで勉強してきたことはすべて白紙にして、あるがままに子供が無邪気に書くように書いています。 それでいて、線は鍛え抜かれた線であり、前衛的ではあるが文字はちゃんと読める。これが私の目指す書です。

私は、文字を書いており文字には意味があります。その意味をふまえながら、私の作品を見ていただき、ホッとしたり、元気を出してもらったり、平和について考えてもらったり、何かを感じていただければ幸いです。

和田浩志